一般泌尿器科外来

  1. ホーム
  2. 診療案内
  3. 一般泌尿器科外来

排尿症状

おしっこに関する症状全般を言います。大きく分けて、「排尿障害(出すことに問題がある)」「畜尿障害(ためることに問題がある)」があります。

排尿障害

排尿障害の症状は、「出にくい」「キレが悪い」「残尿感(尿が残っている感じ)」などがあります。この原因となる疾患は、前立腺肥大症です。50代の男性の約5割、70代男性の約7割がかかっていると言われています。また女性でも膀胱の筋肉が弱くなったり、尿道が狭くなったりして、同じような症状がお持ちの方もおられます。

畜尿障害

畜尿障害の症状は、「頻尿(近い)」「夜間頻尿(夜に何回もトイレに起きる)」「尿意切迫感(行きたくなったらガマンできない)」「切迫性尿失禁(ガマンできずもれてしまう)」「腹圧性尿失禁(咳やくしゃみで尿がもれる)」などがあります。こちらは男女を問わず、40代を超えると症状のある方が増えていきます。前立腺肥大症でも同じような症状が出ることもありますが、膀胱が過敏になる過活動膀胱が女性でも多くの方を悩ませる疾患として挙げられます。そのほかにも間質性膀胱炎という特殊な膀胱炎もあります。また夜間頻尿の場合は、高血圧や心不全、塩分の過剰摂取など、体のいろんな状態によっておこることもあります。

当院では総合的に診察を行い、それぞれの患者さんに合った治療を提示していきたいと考えています。
「年齢のせい」とあきらめてしまう前に、ぜひ一度ご相談ください。

がん検診

泌尿器科のがんは年々患者さんが増えており、大きな問題となっています。中でも前立腺がんは、日本人男性でも第一位になっています。
当院では、前立腺がん、膀胱がん、腎臓がん、精巣がん、などの検診を行っています。
いずれも早期発見すれば根治が期待できるため、できるだけ診断を早くつけることを目指しています。

前立腺がん

前立腺がんの場合はPSA(前立腺特異抗原)という血液検査で調べられる腫瘍マーカーがあります。確定診断のためには針を刺して組織の一部を採取する前立腺生検という検査が必要になります。当院では局所麻酔、日帰りで経会陰式に行っています。

膀胱がん

膀胱がんは血尿が初期症状でみられることが多いです。特に「痛くもかゆくもない血尿」には注意が必要です。診断には超音波検査や内視鏡が必要になりますが、当院では患者さんの体への負担が少ない、ファイバーの膀胱鏡を準備しています。

腎臓がん

腎臓がんは、画像診断の進歩のため、最近では人間ドックなどで無症状で偶然見つかることが多くなりました。検診で尿潜血などを指摘された場合なども精査が勧められます。

精巣がん

精巣がんは比較的若い男性に多い疾患です。「痛くないけど睾丸が腫れた」というのがよくある症状です。できるだけ早期に治療を開始する必要がありますので、少しでも心配になったらお越しください。

残念ながらがんが見つかってしまった場合には、京都大学医学部附属病院をはじめ、医仁会武田総合病院、京都医療センター、京都市立病院、京都桂病院などの関連病院と連携し、速やかに治療を受けていただけるように手配を行っています。

また、がんは再発のリスクがあります。気分的に不安になることもあると思います。メインの治療が終わった後のフォローアップも当院にお任せください。ちょっとした心配事や症状も含めて、丁寧に診察いたします。

尿路結石症(腎臓結石、尿管結石、膀胱結石など)

尿路結石症も一般的な泌尿器科疾患です。
尿管結石の発作は、成人男性がかかる病気の中で最も痛いものの一つと言われており、古くから有名です。結石は腎臓内で形成されますが、その時には症状はほぼありません。そこから尿路という尿の通り道に出てくることで症状が現れ、尿管に詰まった時がもっとも強い症状となるわけです。膀胱まで下りてしまうと、鋭い痛みは消失しますが、もともと前立腺肥大症などがあり、膀胱内の結石が出せない方の場合は、膀胱の中で大きくなっていきます。にわとりの卵くらいにまでなる場合もあります。

当院では検尿はもちろん、超音波検査、レントゲン検査、造影検査を駆使した診断をいたします。必要な場合は提携している病院でCT検査も行っています。結石が見つかった場合は、位置や大きさなどに応じて治療方針が決まってきます。
近年結石の治療は、体外衝撃波治療に加え、内視鏡やレーザーの進歩によって、体の負担が少なく、結石を完全に除去するというものが増えてきています。京都には結石治療を得意としている病院が複数ありますので、患者さんと相談のうえでご紹介いたします。

尿路感染症(膀胱炎、腎盂腎炎、急性前立腺炎、急性精巣上体炎、性感染症など)

尿路は本来「無菌」状態です。そこに体外から細菌などが入って炎症を起こす場合があります。
膀胱炎は女性の尿路感染症では最も多い疾患です。大腸菌や肺炎桿菌などが原因になることが多いです。排尿痛、頻尿、残尿感、血尿などの症状がみられます。適切な抗生剤の使用により、しっかりと治すことでぶり返しや再発の可能性を下げることができます。放置すると、腎盂腎炎を起こし、腰痛を伴う39度前後の高熱などがみられます。場合によっては入院が必要になることもありますので、膀胱炎の症状がみられたら早めの受診をお勧めします。
男性の場合は膀胱炎になることもありますが、特に高齢者では前立腺や精巣上体(副睾丸)に炎症がみられることが多いです。いずれも痛みや発熱を伴います。細菌への治療とともに、排尿障害への治療も併せて行うことが望ましいです。

性行為感染症(性病)に関しての詳細はこちら

小児泌尿器科疾患(おねしょ・包皮炎・包茎・陰嚢水腫・停留精巣・膀胱尿管逆流症など)

夜尿症(おねしょ)は意外に多くのお子さんが悩んでおられます。小学校高学年や中学生くらいまで続く方もおられます。症状の程度や頻度など、それぞれのお子さんに合わせた治療をご提案しています。
おちんちんや睾丸など、ちょっとしたことが心配になることも多いと思いますので、気軽に相談していただきたいと思います。必要な場合は薬物治療、手術治療を含めてご提示いたします。

手術治療

前立腺生検や尖圭コンジローマ、包茎、精巣静脈瘤、男性不妊症などへの手術やパイプカットなどを日帰りで行っています。
手術は完全予約制で、時間を十分に確保していますので、選定療養費をいただいています。ご了承ください。

手術 料金表

クリニック情報

診療時間
午前診AM9:00~12:00
PM13:00~16:00 予約制
夜診PM17:00~20:00
  • 休診日:日・祝
  • 午前診9:00~12:00 夜診17:00~20:00の時間帯でもご予約を受け付けています。
  • 急を要する症状の方を優先的に診察いたしますので、ご予約の時間通りにお呼びできない場合がありますことをご了承ください。
  • 月~土曜日の午後診13:00~16:00は完全予約制です。
【お問合せ・ご予約】
Tel:075-672-7077

京都市南区東九条室町47番地3
JR京都駅八条口 徒歩2分

ページの先頭に戻る