男性不妊症治療(性機能障害)

  1. ホーム
  2. 診療案内
  3. 男性不妊症外来
  4. 男性不妊治療(性機能障害)

性機能障害とは

性行為に対する関心・意欲が薄れたり、能力が低下したりして、うまくできなくなることを言います。最近増えている男性不妊の原因と言えます。若い方の場合は心理的な要因がほとんどを占めるのですが、身体的要因によって引き起こされることもあります。
ここでは、勃起障害(ED)、射精障害、性交障害についてご説明します。

勃起障害(ED)

勃起障害(ED)とは、性行為を行うのに十分な勃起が得られないか、もしくは維持できないことを言います。原因にはストレスなどの心理的要因と、神経性・血管性などの身体的要因があるとされているのですが、どちらの場合でもバイアグラ等の薬物療法が非常に有効です。

勃起障害(ED)はご年配の方の話であって30代~40代は関係ない、と考えている方が非常に多いことに我々は驚いています。年齢や経験を重ねるにつれて、やはり心理的な初々しさ、うぶな感情は薄れていきますので、ストレスがなくても、身体的要因がなくとも、徐々にそのようになっていくものなのです。大人になった証拠ですね。

また、いわゆるタイミング療法(女性側が前もって準備をしておいて、予定された排卵日にタイミングを合わせて性行為をすることによって妊娠をめざす方法)が、男性側に心理的重圧となり、勃起できなくなることは非常に多いです。むしろそうなることの方が多い、と言っても過言ではありません。このようなときにお薬の手助けがあれば、非常に安心感が高まります。

射精障害

射精障害とは、何らかの原因で射精できない、あるいは、射精のタイミングが上手くいかない(早漏、遅漏)、マスターベーションでは射精が出来るが、実際の性交になると射精ができない(膣内射精障害)といった状態を言います。

特に昨今では、膣内射精障害の方が非常に多くいらっしゃいます。一般的に、マスターベーションに由来すると言われることが多いのですが、ホルモン異常による場合もあるので、軽々な自己診断は禁物です。ホルモン異常に伴うものでは、内服薬によって治療ができます。

包茎

茎とは、大人になっても包皮が亀頭を覆ったままの状態であることを指します。日本人男性の約7割は「仮性包茎」と言われており、多くの場合、治療を必要としません。勃起時に痛みを伴うなど具体的に困ったことが出てきた場合に限り、性交渉に悪影響を及ぼすので治療が必要となります。

性機能にかかわる問題は、なかなか相談できない方も多いと思います。
我々はエキスパートであり、男性の専門医師が診察にあたります。性機能障害に関するお悩みも、安心してご相談ください。

クリニック情報

診療時間
午前診AM9:00~12:00
PM13:00~16:00 予約制
夜診PM17:00~20:00
担当医
午前診 吉川 市岡 吉川 船田 吉川 吉川
午後診 吉川 市岡 吉川 船田 吉川 吉川
夜診 吉川 市岡 吉川 吉川 吉川 吉川
  • 休診日:日・祝
  • 午前診9:00~12:00 夜診17:00~20:00の時間帯でもご予約を受け付けています。
  • 急を要する症状の方を優先的に診察いたしますので、ご予約の時間通りにお呼びできない場合がありますことをご了承ください。
  • 月~土曜日の午後診13:00~16:00は完全予約制です。
【お問合せ・ご予約】
Tel:075-672-7077

京都市南区東九条室町47番地3
JR京都駅八条口 徒歩2分

ページの先頭に戻る